『日本語』を、

「会話するための言語」と捉えるか、

「生まれた時から聞いていた言葉」と
するのか。「生きるために使うモノ」
それそのモノが言葉だとする…。


人間に、『日本語』を使い話をさせると
「自分とは」から始まり、挨拶をします。


「こんにちは」「おはようございます」
「ありがとうございます」「ごめんなさい」
「よろしくお願いします」は、日常会話で…

当たり前に人間生活では、『日本語』の中で
初対面や、顔見知りや、仕事のある場所で

会話にし、引用したり会話中に使いこなして
来ました。幼稚園児、就学している小中学校
通いの児童たちにも、使わせてきた言語。


さて、その『日本語』はどうやって言葉にし
日常会話にし使うのか。挨拶やスピーチで。


あなたには、「あなたらしい口癖」があって、
それを、いつものあの人や知り合いの人への
連絡や、食事や外出で

「繋がるからこそ」の日常会話で、使う言語
とは、「自分の身元」を顕著にし、暮らしを
社会人として、分かりやすくしてくれます。










🗒️ 説明

📝内容紹介

日本語に主語は重要か? 「は」と「が」は
どこが違う? なぜ自動詞が多用されるのか?

受身文に秘められた日本人の世界観とは?……
学校では教えられない日本語の知られざる姿を
わかりやすく紹介する一冊。これだけは知って
おきたい日本語の基本!



📝内容(「BOOK」データベースより)

これだけは知っておきたい日本語の基本。
日本語に主語は重要か?「は」と「が」は
どこが違う?受身文に秘められた日本人の
世界観とは?「私を生んで、ありがとう」は
なぜおかしい?「ら抜き言葉」「さ入れ言葉」
の真相は?言葉に込められた日本人の心を読む。



📝ー著者についてー

原沢 伊都夫
一九五四年山梨県甲府市生まれ。明治大学
文学部文学科卒業後、オーストラリア国立大学
グラジュエイト・ディプロマ課程(応用言語学)
修了、同大学院修士課程(日本語応用言語学)

修了。現在、静岡大学国際交流センター教授。
専門は日本語学、日本語教育、異文化コミュニ
ケーション。著書に、『考えて、解いて、学ぶ
日本語教育の文法』(スリーエーネットワーク)
がある。




📝more、、、



多摩市にいて、「知的障害である」と
いうアピールをする大多数の仮名居住者は、

『日本語』を日常で使わない。彼女、彼ら
たち独特な精神異常界にいて、


第三者や正常知能には繋がらない、とした
生活にいて、私には決して(本名や実名では)
会わないし、繋がらない、としてエキストラや

「何処の誰かも分からない、異常な偽名生活者」
であるアピールに、山本達彦圏内にいることの
誇示をする。山本達彦にしか繋がらない世界観
にいて、


「普通ではない、人間生活をしてない」アピール
にいる。彼らには「生きている」とした自意識は
無く、

「社会的な居場所」には見向きもしない、とした
顕示をするおかしな性癖がある。記憶をしない、
覚えない、認識やスキルを機能させていない。


精神異常で、山本達彦圏内にいて彼らはその
日常を自らに強いて、「誰か分からない」役。

「何処にいるかも見えない」居なくても、居ても
関係ない憎しみの不確かさと山本達彦なる精神
異常者のしもべ、として生きるその有様とは


「正しいこと」には繋がらない、嘘をを話す
部屋に暮らし、事実に繋がる内容とは使えない。

言えない言葉や、文字は、犯罪者のように、
「本名を使えない」証に日常声に出し人に
話せない現実で、詐欺で嘘を書いた劇!?


「デタラメなら言える」アピールがある。
本名を使えない、使わない部屋にいる誇示で
正常知能を蔑み、偽名部屋にゆすり屋として

山本達彦のしもべ、として君臨する精神病院
グループは、ヤマダと、タカハシという役だ。


人間生活を身に着けてないアピールの仮名居住。
山本達彦を、「悪事好き」だとアピールしたり、
足立区に繋がる役を「クソ憑いた」という‥…。

足は、ソク。だから、真逆に「クソ」なんだと
いう。彼らには、足立区にいたエホバの犯人を
崇めて、山本達彦界を「クソの体の関係者」で
無分別だとした、アピールがある。


彼らの日本語には、「人道には繋がらない」
「日本語には繋がらない」とした誇示があり、

明らかに、「いつかの誰か」であるエキストラ
だった自覚や、記憶は無く(認知症の)ソガを
生きている自己顕示がある。ヤマモトの役!


ソガは、多重人格により自身の本名の無い環境を
生きている偽名グループにいる証に、離人症から
「蘇我、相楽(サガラ)」役がある。こだわりは

なぜか「木にすがり、目が使えない盲な役」で
あり、非現実的世界観にいて、山本達彦の破綻
界にいるアピールが、彼らの目的のようだった。


多重人格から、「本名に戻れない蘇我」や、
「楽をし生きる、木のように立ってるだけ」の
モノ言わずや、ダメ人間を、彼らは生きている。


精神異常界では、ただ存在していないかの
ように、存在させては不透明に自己顕示だけ。

「蘇我、相楽」は、本名で暮らせない家庭が
エキストラとなり、「いつかの誰か」になると

他人には知られてない、生きてるはずがない役
となり、誰かのふりや、誰かの人生の模倣者と
なり、繋がらない世界観や知り合いがいない地
には(借り出され)

日雇いさながらに参加しにいく。彼らには、
「知らずにいた日常」や「気付かれない役」
に生きる日常環境で、ややもすれば

「物語の中にいて、生きている」だけの人々
たるアピールがある。だから、知り合いつつ
誰か分からない人々にはなるし、繋がらない
役で、

名前や本名や年齢をエキストラ以外の場所
では、話せない役をやるみたいなのだ!


「生きてないふり」「過ごしたふり」で、
「いつも見たことがある」誰かを、違う地、
違う場所では「何にも伝えない架空人格」を
生きてる。山本達彦界の偽名部屋の顔たち!


「チが違う」とした、分かりにくいニュアンス
にいる知能犯罪では、意味合いを見えにくくし
誰かを分からなくした話に、自分たちを置く。

「土地が違う」のか、「血縁が違う」のか?
「知識が違う」のかを、分からなくしてる組織。


漢字で、「遺伝子が異なる家庭」を意味した
話はしない偽名生活者。ヤマダ役は、山田と
書いた氏を読めない。犯罪者の、山田多佳子
といた、山本達彦関係者たるアピールから…。


『日本語』に繋がらない、見えないアピール
にいる架空住民では、偽名居住が自分を誰か
見えなくし、繋がらないアピールにいる。





日本語練習帳 (岩波新書)
大野 晋
岩波書店
2014-12-18





ー説明ー

📓内容紹介

どうすればよりよく読めて書けるようになるか.
何に気をつけどんな姿勢で文章に向かえばよい
のか.練習問題に答えながら,単語に敏感に
なる習練から始めて,文の組み立て,文章の
展開,敬語の基本など,日本語の骨格を理解し
技能をみがく.学生・社会人のために著者が
60年の研究を傾けて語る日本語トレーニングの
手順.

メディア掲載レビューほか

日本語を話せますかと尋ねられて、
「どうも苦手で」と頭をかく人はいないだろう。
だが、あなたは日本語を正確に使いこなせますか
と聞かれたとき、即座に「はい」と答える自信が
ある人もおそらく少ないはずだ。

たとえば、「うれしい」と「よろこばしい」とは
どこが違うのか。「わあ、うれしい」とは叫んで
も、「わあ、よろこばしい」とは言わない。それは
「うれしい」が個人の期待や願望がかなったときに
使う言葉であるのに対し、「よろこばしい」は社会
的におめでたい事柄を祝う気持ちを表す言葉だから
だ。

日本語学者として知られる著者は、このような
問題とその解答を織りまぜながら、読者に日本語の
奥の深さや面白さを再発見させてくれる。学生時代
に国文法が苦手だった人も、
「こうやって教えてもらっていたら、もっと日本
語を理解できたのに」と悔しがるかもしれない。

問いは全部で45題、全問正解で250点満点だ。
あなたは何点取る自信がありますか――。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

📝大野/晋
1919年東京に生まれる。

1943年東京大学文学部国文学科卒業。
専攻は国語学。現在、学習院大学名誉教授
(本データはこの書籍が刊行された当時に
掲載されていたものです)




『日本語』には、ゼスチャーも付帯するし、

嘘をつく「方便」もある。ありもしない「物語」
というのか、筋書きにいる狂言化したヤラセな
テレビ番組やら、居もしない役柄や劇もある。


「よろしければ、着てみませんか」と販売員に
言われ、「あ、はい…」と試着室を借りている
お客さん。「サイズは大丈夫ですか?」とか。

「いかがですか、着られましたか?」と聞かれ
「あ、はい大丈夫です!」と、試着室から出て
鏡の前で全体像を確認してみる買い物客…。

デパートにある一般的なフィッティング。


話せないと着れない。…というより気難しい
精神疾患のある買い物客もいる。中には

「どうぞ、試着してみたら?」と声をかけ誘導
しないと、着れない、鏡に写せない人もいる。
天の邪鬼。「着てみたいんですけど」と声に
出せない、言わない。受け身な甘ったれとか。


「色違いはありますか?」「デザイン違いは?」
確認したら、自分のファッションは変わります。
予定外も起きる。「意外と似合うんだ」と知る。


「こちらの方が、お似合いになりますね」とも
言われて、「え〜っ、こういうのだったんだ」
と、試着してから分かる自分のこと。そう、

『日本語』を使うと、自分という人間が見える。

分かりやすくなる。「ありがとうございました」
「またどうぞお越しくださいませ」で、買い物
とは、自分を持ち上げてくれ、幸せにしてくれる。



『日本語』は、「ありがとうございます」で、
「お世話になりました」で、人間生活は変わる。


「演技性パーソナリティ障害」にいる顔に
人間らしさや、常識とは通用しにくい…。

彼らに、「人間たる有様」とは「異常な姿」
でありながら、それはヤラセや狂言である
ために、日常生活における管理とは難しい。


『日本語』には、「ごめんなさい」から
感謝も生まれたり、「ごめんください」から
楽しみも生まれる。それを知らない人間には

「慈しみ」や、「優しさ」が生まれにくい。


生まれて、生きて、私が新宿歌舞伎町で
言われて育って、身に着けたことは、私の
特性で、私の日常だけの居場所でもある…。


確かに、過去にいた場所に私の姿は隠されて
きた。それは、父も母もいた私のふるさとで、
繁華街だ!


私の口癖は、「新宿育ち」の特徴である。




🖋️福丸千生




IMG_8t0zxi




大久保病院(ハイジア)の前に、1961年に
治療院があり、母がそこでマッサージ師をし

幼稚園は、新宿職安通りの新宿西教会。
鈴木霄は、石川治療院に1959年から勤務を
していた母がいて、都立大久保病院前にて

私は育ち、成長をした。4歳の年に
1965年春に、職安通りにあるキリスト教の
幼稚園に入園し、そこで大江まことに会う。


新宿区西大久保にあった、西大久保幼稚園に
通っていた、鈴木霄を知らないままに多摩市
にて、私に成り済ました犯人は年齢不詳。


私に成り済ました男、犯罪者は山本達彦ぶり
1966年に、大久保病院前から区役所通りに転出
した治療院場所に繋がらない男は、自民党の血
私に繋がらない、IVSの犯人と容疑者。何様か?


私には、歌舞伎町でそこで培った泰然自若なる
鋭敏な感受性の強い、洞察力のある姿がある。

今の私の「日本語」とは、新宿育ちの特性
により息づいている。おとなしい子ではなく
チャキチャキな、頭の回転の早い悟り屋な姿。


精神病を相手にするくらいな機転は働いて、
コミュニケーションでは実力発揮はするが。
私は、狂った精神科の医者なら潰せるだろう。

「日本語」とは、「快く」することにより
勝てるのである。まずい「不親切さ」は

知能の無い犯罪者だと、分かりやすいからだ。


頭のおかしな年齢不詳や、偽名生活な無脳な
音楽家やオカマでは、犯罪者らしき姿ばかり
出てくるから、

日本語を話せないインチキは、詐欺師だと
分かるよ。日本語は、心の投影なんだもの!


うまく化けれる人には、演技でないスキルも
あるかも知れないが(笑)、笑わない時に
スキルは見えるんだよ。日本語は…。


モノを、ろくに話せない精神病が
強盗や、詐欺をしてきたスキゾイド。

「ヒヨ」という言葉を話す創価学会が犯罪。


歌舞伎町ホストに扮した犯罪者が、トシオが
益田悠也が犯罪世界にいた山本役で、日常は

多摩ニュータウンの強盗組織にいた偽装家。
角松敏生をぶり、多摩市の行政犯罪にいて
精神病に繋がる顔で、多重人格犯罪を誇示。


角松敏生も、山本達彦も、私とは
1対1では会えないし、話せない。

罪穢れが私にバレてるから、なんだよね。
因みに、私に口寄せしたり話をしてるのは

You Tubeでアップし、レコーディング風景
にいる、インタビューを受けてる紺色の
ストライプのジャケット着た角松敏生が

私の幼なじみ。謙太郎だった大江まこと。
発達障害な丑年(角松は他に何人かいる)。


神道に繋がる顔には、顔を見せれないって。
私に勝てない、私にバレるから会わないと。

生意気な、犯罪者な幼年期を見抜かれてる
から、なんだね。日本語とは素敵だ!?